Recruitng Message採用メッセージ

1971年、家庭・オフィス用掃除用品「ダスキン」事業からスタートしたナック。「多くのお客様の暮らしをより快適にしたい」という想いを軸に、サービスの幅を拡大し続けています。実際にサービスをご利用になるお客様と密なコミュニケーションをとる「Face to Face」の営業スタイルこそがナックの強み。ダスキン事業で30万軒、クリクラ事業で50万軒、グループ全体で120万軒というアクティブユーザーのボリュームは、今後の新規事業開発の際にも活かせる、他社にはないリソースです。

間もなく創業50年を迎える私たち。この先の50年を見据え、例年の2倍の規模の新卒採用を行います。求めているのは、ガッツとアイデア。幅広い事業を経験しながらビジネスマンとして成長し、未来の経営者を目指してください。ナックをさらに上のステージへと引き上げる「次の一手」が、若い世代から生み出されることを期待しています。

ナックとは?事業紹介

あなたの毎日のすぐそばに、ナックのサービスがあります。掃除用品の「ダスキン」や、安心・安全で環境にも優しい宅配水「クリクラ」を中心に幅広い事業を展開し、住宅事業のレオハウスや工務店コンサルティング業などもその一部です。掃除・水・住宅……一見、バラバラに見えるこれらのサービスに共通するキーワードは「暮らし」。住宅ビジネスを立ち上げた理由も、お客様との日々の接点の中で、住まいに不満や不安を感じている方が多いと気付いたから。今後も、私たちの耳に直接届くお客様の声をヒントに、「暮らし」に役立つ新たなサービスを生み出し続けていきます。また、半世紀におよぶ歴史の中で培われた商品・集客・営業・経営ノウハウを活かした既存事業間のシナジー(相乗効果)を高めていき、暮らしの中でナックの商品がいつも身近にある生活を実現していきます。

Staff Voice社員紹介

ダスキン営業 第7支店(八王子)

鈴山 奏さん

(2018年入社)

お客様一人ひとりに向き合えば、必ず結果がついてくる。

エンドユーザーと直接お話ができる「対面営業」に惹かれ入社を決意。ダスキン事業部では、新入社員2人と先輩社員1人で「サテライト」という班を組んで営業活動を行います。研修では、まず、お客様に掃除用モップのサンプルを配る「投入」を経験しました。班長と一緒に担当エリアを回ったのですが、お客様のお宅のインターフォンを押すとき、緊張で指が震えたのを覚えています。
私のトークを後ろで見てくれていた班長からフィードバックを受け、ロールプレイングを繰り返すことで、数日後にはサンプルを受け取っていただけるように。そして、2週間のレンタル期間の後、サンプルの「回収」も経験しました。掃除用モップの感想を伺い、契約につなげるのは「回収」のタイミング。1人で営業活動を行うようになった今でも、支店に戻れば班長が「今日はどうだった?」と聞いてくれるので心強いです。

大切にしているのは、お客様の生活スタイルに寄り添うこと。
例えば、「赤ちゃんがいるとホコリが気になりますよね」「ペットの毛も掃除しやすいですよ」といったお話をし、ダスキンの掃除用モップに興味を持っていただけるよう工夫しています。
自分の売上が、班の評価にダイレクトにつながるのは大きなやりがい。私を見守ってくれている班長のように、後輩から頼りにされる存在を目指したいです。

ダスキン事業部 第21支店(横浜)

柳本 悠吾さん

(2017年入社)

後輩とともに成長し、会社に大きく貢献できる存在へ。

ダスキン事業部を支える3人1組の班「サテライト」は全国の支店にいくつもあり、すべての班が、自分たちに与えられた年間売上目標を最速で達成しようと努力しています。班の売上、個人の売上ともに常にランキングが周知されるのですが、入社1年目だった昨年、個人の売上で全国1位を獲った日の達成感は忘れられません。
そして、班としても売上目標を最速で達成。頑張りが報われた喜びを感じつつも、この結果は班長である先輩の活躍によるものという意識もあり、「もっと成長して、会社に大きく貢献できる存在になりたい」と決意するきっかけとなりました。

現在は、私自身が班長として2人の新入社員をまとめています。
心掛けているのは、相談しやすい雰囲気づくり。私を育ててくれた班長がそうであったように、営業活動を終えて支店に戻ってきた後輩の様子に気を配り、実績があまり良くなければ、翌朝のロールプレイングでトークの改善点をフィードバックします。年齢も近いので、一緒に食事に行く機会も。厳しくするべきときには厳しく、それ以外の場面ではフランクに。メリハリを大切に、人間同士の信頼関係を築いていきたいですね。
3人で一丸となって見据えているのは、もちろん、売上目標の最速達成。将来的には、1件の売上が大きいオフィス向け営業にも携わってみたいです。

ビジネスサポート本部 IR・広報室

増田 恭平さん

(2013年入社)

成長するために必要なのは、
目標達成へ向けての強い意志。

入社6年目を迎えた2018年から、IR・広報室に所属しています。主な業務内容は、投資家へ向けての情報発信と、あらゆるステークホルダーへ向けての広報活動。ナックの株価に影響を与える決算や財務の情報を的確に開示するのと並行して、新商品のPRや社会貢献活動の報告も担当しています。
入社以来、ダスキン事業、宅配水事業、住宅関連事業など、ナックが展開する幅広い事業に営業として携わりました。このジョブローテーションを通じて、一般的なビジネスマンの3倍のスピードで成長できた実感があります。成長し続けるために必要なのは、目標達成へ向けての強い意志。入社1年目、3人1組のサテライト班の一員として毎日の外回りを行い、目標を達成できたときに感じた手応えが私の原点です。お世話になった当時の班長とは、今でも良い関係が築けています。

IR・広報室は、ナック全グループの情報が集積される部署。
今後は新規事業の立ち上げも見据え、包括的な視点で事業間シナジーを訴求できる部署にしていきたいですね。
きっとそれは、営業経験者の私だからできること。各事業部のトップとの打ち合わせの際、難しい質問にもスムーズに答えるため、常に勉強は欠かせません。いつかは、そういった憧れの存在とも対等に話ができるよう、さまざまな経験を積んでいきたいと考えています。

事業開発部 PM事業室

内村 桃子さん

(2014年入社)

やりとりする相手の状況や
事情を想像し、気遣うことが大切。

ダスキン事業部の支店事務として採用された私。給与計算や伝票精算などを担当していた入社1年目の頃は、3年後に事業開発部に異動になり、各事業部を横断した商品を扱うECサイトの運営を任されるなんて想像していませんでした。入社2年目からは支店の事務責任者になり、同時に採用にも携わるように。新入社員向けフォローアップ研修ではメンターも務めました。さまざまな経験ができるよう取り計らってくれたのは当時の上司。業務上の相談はもちろん、プライベートの相談も親身に聞いてくれた上司の存在がなければ、今の私はありません。

事務の業務とECサイト運営業務との共通点は、やりとりする相手の状況や事情を想像することの重要さ。書類を修正してもらいたいときも、倉庫からお客様へ、イレギュラーな商品発送をしてもらいたいときも、「気遣い」のひと言が大切。こちらの要望を一方的に伝えるやり方ではスムーズに事が運ばないのです。「内村さんのお願いなら!」と言ってもらえるような関係を普段のコミュニケーションから築いていきたいと思っています。
最近では、営業に同行してお取引先との打ち合わせに参加する機会も増え、ますますやりがいを感じています。積極的にアイデアを発信し、ナックにしかつくれない、多くの人を幸せにできる商品を開発したいですね。

クリクラ事業部 東日本地域支部

安藤 欽一さん

(2006年入社)

加盟店との二人三脚で、
クリクラのブランド力を向上させたい。

ウォーターサーバー「クリクラ」を、ご家庭やオフィスにお届けする宅配水事業は、ダスキン事業と並ぶナックの主力事業。全国への配送システムを支えているのは、570店舗の加盟店です。
私の仕事は、福島を除く東北5県の加盟店を訪問し、営業指導を行うこと。基本的にはビジネスに課題を抱える加盟店へのコンサルティングになるので、ネガティブな状況からスタートする場合が多いのですが、一緒に課題を改善し、その結果が売上に表れたとき、経営者の方の笑顔を見れることが何よりのやりがいです。

ダスキン事業部からキャリアをスタートし、ルート営業やオフィス向け営業を経てクリクラ事業部に異動。直営店の店長を経験し、入社9年目から現在の部署に配属されました。東日本エリアを担当する5人のメンバーの中で私は最年少。他のメンバーも、直営店の店長経験者です。加盟店の経営者の方に「店長として経営を経験した人は言葉の重みが違いますね」と、提案を認めていただいたときは嬉しかったですね。
今後の目標は、クリクラの原水を使った除菌水「ZiACO」を冬の主力商品として定着させること。すでに多くの学校や病院、介護施設で導入いただき、好評を博しています。加盟店と二人三脚で成長しながら、クリクラのブランド力をさらに向上させていきたいです。

1Day Schedule1日のスケジュール

柳本さんの場合

08:00
出社。
社内の清掃やサンプルの準備などを行います
08:30
始業。
朝礼後、ミーティングに参加
09:00
後輩とロールプレイング
09:30
車で現場に移動
10:00
担当エリアに到着。営業活動を開始
13:00
昼食。
天気の良い日は公園でお弁当を食べます
14:00
再び、営業活動を開始
17:00
支店に戻り、1日の実績を報告
18:00
退勤。
そのまま後輩と食事に行くことも

内村さんの場合

08:30
始業。
朝礼後、お客様からの問い合わせをチェック
09:00
1回目の受注処理
10:00
倉庫の在庫を確認し、商品を発注
12:00
昼食。
(本社のある新宿には美味しいお店がたくさんあります!)
14:00
2回目の受注処理
15:00
新商品開発の打ち合わせに参加
17:00
お客様からの問い合わせをチェック
18:00
退勤。
残業はほとんどありません

安藤さんの場合

08:30
始業。
コンサルティングを担当する加盟店へ訪問
09:00
加盟店の営業車に同乗し、一緒に外回りを開始
12:00
加盟店経営者とランチミーティング
15:00
営業スタッフへ、トークの改善点をフィードバック
16:00
隣県へ移動しながら、加盟店のプロファインリング資料を作成
17:30
上司へ終業の報告。宿泊先で身体を休めます

Q&A

ダスキン事業部 サテライト推進室

亀井 雄平さん(2015年入社)

研修ではどんなことを学びましたか?

入社後の新人研修では、まず座学でビジネスマナーや報連相などの基礎研修を経てから、事業部の初期研修として先輩と一緒にお客様のお宅を訪問し、サンプル(掃除用モップ)の「投入」と「回収」を経験。実践とロールプレイングを交互に行いながら、ダスキン事業部における営業活動の基本の流れを身につけていきました。入社1・2年目に行われた全5回のフォローアップ研修ではスピーチも担当。全国の支店に配属された同期が一同に会し、お互いの成長を報告し合う機会は良い刺激になりました。

サテライト推進室の仕事内容を教えてください

ダスキン事業部の全国の支店を巡回し、サテライト班の営業指導を行う部署。2人の新入社員を率いる立場である班長のマネジメントを重点的に行っています。現場に同行し、直接、新入社員を指導することも。自分の班長時代の経験を伝えるのも重要な役目です。早い段階での成功体験を通じて、高い目標に向かってハングリーに取り組む価値を理解してもらい、チームワークで売上を上げる「強い」班をつくりたいですね。

どんなときにやりがいを感じますか?

実は、学生時代は褒められるタイプではありませんでした。そんな私が、入社2年目という異例の速さでエースクラブ賞(年間売上全国トップ)を獲得できた背景には、全員が目標に向かい切磋琢磨する環境とともに、入社1年目、同期で売上トップを獲ったときに感じた「この手応えを何度でも味わいたい」という思いがあります。自ら営業活動を行うことはなくなった今、指導した新入社員や班長が売上を伸ばしてくれることがやりがいです。

今までに、苦戦した経験はありますか?

会社は学校と違い、対価を得ながら成長できる場所。対価に見合った努力をするのは当たり前なので、仕事を苦しいと思ったことはありません。入社3年目でサテライト推進室のリーダーに抜擢されたときには、若手が重要なポジションに就くプレッシャーは感じました。「亀井にはまだ早い」とは言われたくない、抜擢されたからには周囲の期待以上の働きをしたいというプライドが、室長代理に昇進した今も、私を突き動かしています。

今後の目標を教えてください

30代を迎える4年後までに、サテライト推進室の室長になりたいと思っています。直属の上司である現在の室長は、班長時代からとてもお世話になった人。頼れるリーダーとして組織をまとめ上げるスキルはもちろん、その人間性も見習いたいと常々感じています。チャンスは、結果を出してこそ巡ってくるもの。まずは「室長になる」という直近の目標だけを見据え、やるべきことに全力で取り組みながら、ハングリーに努力し続けます。

RECRUIT INFOMATION募集要項

基本給 200,120円(2017年4月実績)
諸手当 前払い退職金:基本給の3.5%支給/月
家族手当(扶養家族):配偶者/15,000円 扶養者/5,000円
役職手当、特別手当、単身赴任手当、通勤手当、インセンティブ(成績手当)、時間外手当 など
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月・12月) ※2018年実績 年4.52ヶ月分、会社業績により変動します。
休日休暇 年間休日110日(日、会社指定土曜日)、祝日
夏期・年末年始は連続休日
有給休暇、時間年休、特別休暇、慶弔休暇
待遇・福利厚生・社内制度 選択制退職金制度、財形貯蓄、持株会(奨励金5% 有)、産休・育児休業、時短勤務、
介護休業、資格取得助成金制度、自社商品割引、社宅制度(転勤時)、定期健康診断、
人間ドック、季節性インフルエンザ予防接種補助、ストレスチェック など
勤務時間 8:30~18:00(内休憩90分) ※事業部により一部異なる
教育制度 入社時全体研修、フォローアップ研修(計5回)、リーダー研修、新任拠点責任者研修、
事業部研修、NBS研修(ナックビジネススクール)…ナック独自の研修です!
管理職研修、e-learning、選抜型公開講座 など
研修制度 新入社員研修、新卒フォローアップ研修(全5回)、事業部別研修、管理職研修 など

ナックの未来をともに創る仲間をお待ちしています。

マイナビよりエントリー

ページのトップへ